様々な分野で活躍するセラピストとは

一般的にセラピストとは、セラピーという言葉が示している通り、治療や療法を施す役割を持った人のことを言い指します。

セラピーを行うことを通じて、心身の治療を行っていく技術を身に付けている専門家であり、治療師や療法士、治療家などもセラピストと呼称されることがあります。

一例としては、運動療法士や食育療法士、薬草療法士なども、それぞれスポーツセラピスト、フードセラピスト、ハーブセラピストのように呼ばれることがあります。

このように、セラピストとは治療者を全般的に示す言葉ですが、セラピーの分類も様々なため、それぞれの分野において特有の名称で呼ばれたりします。

日本においては、セラピストと聞くとアロマセラピーやカラセラピーなどのように癒しに関連する分野やメンタル面でのケアを施す人を想像する方が多いかも知れません。その一方、医療関連施設などで活躍する心理療法家はサイコセラピストと呼ばれたり、理学療法士はフィジカルセラピストと呼ばれたりします。

癒しに関連する分野でセラピストに言及する場合には、心理療法家、理学療法士を含まないことがありますし、逆に医療現場に置いてセラピストと言うと、アロマセラピストなどは含まない場合があります。

他にも、カウンセラーと呼ばれる役割を持つ人がいますが、セラピストと比べると、カウンセラーの方が受動的に相談者の相談事を聞く立場の人というニュアンスがあります。

実際的な面では、明確に境界があるというわけではありませんので、セラピストとカウンセラーが同じようなことを行うケースもあります。

セラピストとしては、前述の他に、気功などのように気を使って癒しを提供するエネルギー系のセラピストも存在しています。

雑誌に登場するようなやりがいのあるセラピストを目指す

雑誌等でインタビューを受けているセラピストを見て、自分もこうした職業につきたいと考えて目指す方が増えています。

セラピストとカウンセラーの違いを知って自分にあった学びを

複雑化する現代社会で多くの方が心や体に悩みを抱えています。
病気というわけではないけれど、なんとなく体が疲れていてだるいとか、気分がのらずに元気が出ないなどという状態の方が多くいらっしゃいます。

女性のなりたい職業、アロマセラピスト

女性でアロマセラピストになりたいという方は少なくありません。

女性専用のセラピストを目指すには

セラピストとは、疲れや、凝りなどに悩んでいる人に癒しを与えたり、サポートをしたりする職業のことを指します。
広い意味では、セラピー、つまり民間療法を行う人ということになります。

セラピストの種類を知って最適なものを学ぶ

忙しい現代社会の中で、多くの方が精神的にストレスを抱えて疲れてしまっていたり、身体的に不調を抱えてしまったりしていることがあります。

セラピストの求人と主な就職先とは

病気ではないけれどなんとなく体の調子が優れない、心が元気にならず憂鬱という未病の状態の方が増えている現代社会ではセラピストという職業が求められています。

セラピストになるにはスクールで学び自分に合った資格を取得する

今注目されている職業にセラピストがあります。
セラピストとはさまざまな手技を身に付け、お客様に施術をしたりカウンセリングを行い職業として働く人です。