HOME > セラピスト wiki > セラピストの求人と主な就職先とは

セラピストの求人と主な就職先とは

2015年7月27日(月)20:24

病気ではないけれどなんとなく体の調子が優れない、心が元気にならず憂鬱という未病の状態の方が増えている現代社会ではセラピストという職業が求められています。


この職業は専門の技術学校に通いスキルを身につけた方がディプロマを取得して求人に応募するのが一般的です。

医者や美容師とは違って、エステやアロマテラピー、マッサージやリフレクソロジーを行うセラピストは国家資格ではありません。
そのため国家試験がなく、民間の専門学校で学んでスキルを身に付け、卒業試験を経て就職するため、施術者によって技術レベルも経験も様々です。

セラピストの就職先としては、大手エステサロンやマッサージ店、整体院、リフレクソロジーサロン、または温泉施設などがあり、多くの方が働いています。

また最近では病院やリハビリセンター、老人介護施設など医療福祉関係の機関でもこうしたセラピストの求人を行っているところがあり、就職先の幅はさらに広がっています。
自分のスキルを活かせる就職先を考えながら求人に応募するのが良いでしょう。

これからセラピストになりたいという方は、こうした就職先をイメージしてどのようなスキルを身につけるか考えてから学校を選ぶ必要があります。

こうしたセラピストの多くは、求人に応募して多くの方を施術し、スキルアップした後に独立開業を目指す方も多くいらっしゃいます。

将来の目標を立てた上で身に付けるスキルを考えて専門学校選びをしましょう。